市街化調整区域

  • 市街化調整区域 2世帯住宅
    今回は、ローン審査です。

    市街化調整区域が敷地の場合にはローンを組む際に
    制約が出ます。

    ①都市銀行ではローンを組みにくい。
      * 前回書いたとおり、調整区域に家を購入できる
        人には20年在住の条件が必要です。
        そのため、土地を担保にしてローンを組む際に
        実際の土地の金額より評価額が落ちるのです。

    ②土地の地目が農地の状態でローン審査
      * ローン審査をかける時には、通常の場合には
        候補の土地が宅地で開発整備されている状態に
        なっています。
        今回のケースは、現況が115坪の農地です。
        ローン審査が通れば、開発行為を行い
        農地転用しようという流れになっています。

        がしかし、地目が農地の状態でローン事前審査
        をやってくれる 銀行も限られてしまいます。

    そこで、地方銀行にお願いすることになります。
    地方銀行は地方と名前がつくだけあって、
    地元のことには都市銀行より精通しています。

    今回のような特殊なケースであっても柔軟に
    対応してくれます。

    こちらも、粘り強く交渉します!

    ランキングに参加しています。
    良ければ押して下さい!
    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(業者)へ
    にほんブログ村


1 5 6 7 8 9 10